多摩変電所と昭島変電所6


拝島線の横で地中から出ている線があります。
後ろには村山線16号鉄塔の表示が・・・。


なんと、村山線16号鉄塔は拝島線のすぐ横にあったのです。
拝島線は地中化されていないのに、
村山線は地中化されているのが面白いです。
なお、村山線16号鉄塔はおかしな位置にあり、
道路の中央分離帯の中にあります。


ここから村山線(左)と拝島線(右)仲良く並びます。
鉄塔によりますが、村山線の方が新しい鉄塔が多く、
拝島線は古い鉄塔が多いようです。
とは言え、拝島線は昭和41年に出来たので、
さほど古い送電線路ではないのですが・・・。
なお、余談ですが、西武拝島線の玉川上水〜拝島間は昭和43年に開通しています。
西武拝島線と送電線拝島線は一緒に建設をしたと思われます。


村山線、拝島線、両方とも同じ形の鉄塔もあります。


途中、かつて分岐していたと思われる鉄塔があります。
北に日産自動車の工場跡地があるので、
そこへの引込線があったのだと思われます。


西武拝島線を走る西武2000系電車と村山線。


そして、拝島線の下に村山線が入ります。
村山線は地中に送電線を分岐して引き下げています。


分岐線は天王橋線とホヤ昭島線です。
天王橋線はすぐ隣にある村山変電所に繋がっているので分かるのですが、
ホヤ昭島線は「立洞7YJ」と言う洞道の地点名表示でどこなのかさっぱり分かりません。
ただ、「ホヤ」とはHOYA(旧・保谷硝子)昭島工場のことだと思われるので、
最終的には同工場に繋がっていると思われます。


一方、こちらは天王橋線を地中から引き込んでいる村山変電所です。
「村山」と言いながら立川市にある変電所ですが、
武蔵村山市にとっては重要な変電所です。
この変電所は南側に変圧器を並べています。


変圧器の横には乾燥剤(シリカゲル)が設置されています。
水は電気を通すので、乾燥剤は必要不可欠です。


開閉装置関係はキュービクル型(箱型)ガス絶縁開閉装置です。


高圧開閉装置は奥まった所にあり、
路線名などは読み取れません。


「なにマンホールなんか写しているんだ!」
と思われるかもしれませんが、
ここはホヤ昭島線の終点「立洞7YJ」と思われる地点です。
東京電力のマンホールは二種類あり、
真ん中の模様が稲妻マークになっているのが地中送電線です。
ただ、新しい地中送電線路は地中配電線と同じ、
テプコマークのマンホールらしいです。


「立洞7YJ」と思われる地点斜め前に、
HOYA昭島工場の変電設備があります。

多摩変電所と昭島変電所7

川柳五七の電線のページ3Wへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ