旧日立航空機変電所2


建物の裏側に回ります。


古い外灯が残されています。


一部電線が残っていて、
手前の電柱から引き込んでいます。


電柱はコンクリート柱で、
各々はビームで繋がれています。


残されている電線の他にもいくつか電線を建物に引き込んでいたようです。


建物の裏にはコンデンサやブッシング、避雷器がごろごろ置かれています。
コンデンサは何れも日新電機製です。


コンデンサの製造年月日を見ると昭和63年になっているので、
この公園を整備する際、
どこかの変電所から不要になったコンデンサを運んできたのだと思われます。


裏に置かれている変電機器はコンデンサばかりです。


避雷器は椅子代わりに置かれていますが、
現在、立ち入りは出来ないので座れません。

川柳五七の電線のページ3Wへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ