旧日立航空機変電所1

東大和市の東大和南公園内には、
旧日立航空機(現・ゼノア/川越市)の変電所が残されています。




東大和南公園の中程にかなりくたびれた建物があります。
これが、旧日立航空機株式会社の変電所です。
昭和13年に作られたこの変電所は、
太平洋戦争のときにアメリカ軍の爆撃に遭い被害を受けましたが、
日立航空機が小松ゼノアになった戦後も使い続けました。
小松ゼノアが撤退し、公園にする時、
この建物を壊す予定だったのですが、
戦争の遺構を残そうと保存が決まりました。


変電所の建物の横にある太平洋戦争慰霊碑です。
平成7年に建立されています。


変電所入口です。
扉に時代を感じさせます。


変電所の建物は爆撃を受けた無数の穴が残っています。


爆撃の激しさが伝わります。
一応保存にあたって修復工事はしているのですが・・・。


旧日立航空機の工場の図面を見ると、
北を通っている村山線から送電線を引き込んでいたようです。
これは、小松ゼノアになった後も変わりませんでした。


変電所の内部の装置は殆ど撤去されてしまいましたが、
2階の一部分に装置が残されています。
送電ファンにとっては近くで見てみたいものです。


横に変電所の看板がありますが、
「65」とはなんでしょうか?建物の番号でしょうか?

旧日立航空機変電所2

川柳五七の電線のページ3Wへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ