旭台線を追跡2


3号鉄塔から架空地線が始まります。
旭台線は殆どの鉄塔の錆止めがむき出しになっていて、
赤茶けています。


4号鉄塔は西武新宿線の線路横にあります。
近くに行くのは不可能です。


五号鉄塔でいきなり進路が北に変わります。


五号鉄塔の表札です。
昭和39年で意外と古くありません。
この先の工業団地が造成された頃に建設した路線だと思われます。
ただ、塗装は開設時から塗りなおしていないと思われます。


6号鉄塔でまた進路が変わります。
奥の鉄塔は5号鉄塔です。


7号鉄塔は旭台線では珍しい引き通しの懸垂碍子です。


8号鉄塔です。耐張碍子ですが、
7号鉄塔と形状が似ています。


9号鉄塔も7号鉄塔と同じ形状です。
この送電線は低いところを通っているのですが、
交差する配電線は地中に潜っていません。


そして、10号鉄塔で2方向に分かれます。

旭台線を追跡3

川柳五七の電線のページ3Wへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ