電線ネタ集G1

いつもの電線ネタをご紹介します。



TAKE1、なんとなく撮った通信線柱


木柱で目に付いたので撮影。
でも、それ以外どうってことない通信線柱ですが・・・。

TAKE2、いつもの工場内配電線その1


さあ、いつもの工場内配電線の紹介です。
今回の工場は、土木資材会社のものです。


碍子はピン碍子です。
下に細いDV線があります。


途中、引き下げていますが、奥まで続いているようです。

TAKE3、いつもの工場内配電線その1


別の工場の配電線です。
この工場の配電線柱は木柱です。
電線は開閉器を通しているので、
上のジャンパー線支持用ピン碍子は使われていません。


途中から2回線(?)になります。


下の太い線は低圧ピン碍子で支持されているので、
低圧線のようです。


こちらの低圧線の電線はよれよれになっています。
相当古いものだと思われます。

TAKE4、洒落た引込線


工場への引込線。
電柱は鉄筋製で塗装されています。
変圧器は鉄筋から出ている腕で支持しているのが素敵です。
ただ、無機質なD型腕金が減点要素かもしれませんが・・・。

TAKE5、寂しき電線


なんとなく哀愁漂うよれよれ通信線です。

電線ネタ集G2

川柳五七の電線のページ3Wへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ