港北変電所と京浜変電所3


逆光写真で申し訳ございませんが、
千南線の引き出し部です。
2次側北東側から出ています。


千南線は南武変電所の北側を通り、
北西方向に向かいます。
千南線特2号鉄塔横に受水槽があります。
南武変電所の受水槽はイラストが描かれています。
後にはマイクロ波アンテナがあります。


南崎線と千南線以外は遮断器、断路器を通り・・・、


ケーブルヘッドで地中に引き込まれます。


変電所東側です。
2次側鉄構から地中に引き込まれるケーブルヘッドが見えます。
ケーブルヘッド下の標識には「荏田南武線」と書かれています。
荏田南武線は南武変電所と荏田変電所を結んでいる地中送電線です。


変電所東側の真ん中辺にガス絶縁開閉装置があります。
このガス絶縁開閉装置はさほど大きくなく、
1路線だけが使っているのだと思われます。


2次側北東側でも地中線(路線名不明)が引き下げられています。


南武変電所から出ている送電線は他に都南線と野毛線があります。
両線は変電所の東側で地中から引き上げられています。


上の2回線が都南線で、
下の2回線が野毛線です。
都南線は駒沢変電所、野毛線は下野毛変電所に繋がっています。
余談ですが、下野毛変電所のある神奈川県川崎市高津区下野毛と、
東京都世田谷区野毛はかつて一緒の地域でした。
多摩川の河川改修で地域が分断され、北と南に分かれました。


都南線は路線名も書かれたご丁寧な注意標識があり、
いつもは「おうむ」に任せて
送電線には無関心のポニーテール主婦「でんこちゃん」が珍しく自ら注意しています。
どういう風の吹き回しでしょう??


都南線を少し追跡すると、都南線5-1号鉄塔があります。
この鉄塔はこの先にあるJR南武線の高架化に合わせて建てた鉄塔で、
マヨネーズ塗装の鋼管鉄塔になっています。
鉄塔を建てた時、送電線の位置が変化した関係か、
5号鉄塔は5号と5-1号の2基に増えています。

港北変電所と京浜変電所4

川柳五七の電線のページ3Sへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ