いざ!昭電へ!2


秩父市影森地区を歩くと東京電力のものではない配電線が・・・。
実はこの線、昭和電工の配電線なのです。


一見東京電力の配電線に見えるのですが、
開閉器などに違いがあります。


上の写真の約6年前の写真です。
この当時はとても簡単な構造の耐張碍子になっていて、
この先はCVケーブルになっていました。
CVケーブルを普通の架空線にするパターンは極めて珍しいです。


引き通し碍子は中実碍子になっています。


昭電の配電線が東電の配電線の下を何もないように交差します。
この光景が怪しさをかもし出します。


上の写真の約6年前の写真です。
当時は架空地線がなく、
ジャンパー線支持碍子はピン碍子でした。


この配線柱の耐張碍子は先端カバーがありません。


この配電線の終点は影森駅横にある昭和電工の倉庫です。


配電線はもう一路線あります。
こちらは木柱もあり、架空地線がない区間があります。


この配電線柱は開閉器を通って分岐する線がありますが、これは・・・、


この簡単な変電設備に繋がっています。
隣の小屋も変電設備ですが、一見するとただの倉庫に見えます。


上の写真の約6年前の写真です。
当時は金網だったので、中の変圧器を見ることが出来ました。


この配電線柱は腕金に突起をつけ、
さらにその先端に耐張碍子を取り付けています。

いざ!昭電へ!3

川柳五七の電線のページ3へ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ