新所沢変電所と中東京変電所2


変電所の東側は電圧調整器や1号変圧器などがあります。


変電所東側の母線終端部です。


変電所の南東部には新目の送電線があります。
新坂戸線です。
4導体2回線で、平成6年に完成しました。
新坂戸線は新所沢変電所と新坂戸変電所を結んでいます。
新坂戸変電所も超高圧変電所で、
新所沢変電所とさほど距離は離れていません。


新坂戸線は比較的よく見えます。
1号鉄塔から1回線、2号鉄塔からもう1回線が出ています。


それぞれ階段状になった門型鉄塔から出ています。


門型鉄塔は1相につき1基になっています。


変電所の東側に東芝製のガス絶縁開閉装置があります。
新しい新坂戸線はガス絶縁開閉装置を使っているようです。


東側から見た新所沢変電所です。
手前で南川越線、中程で南狭山線、奥で中沢線が出入しています。
敷地真ん中に貯水槽があります。


新所沢変電所は東西方向の距離が大体600メートルあるので、
かなり広く、東側から見ると西側はよく見えません。


変電所内は綺麗に整備されていて、
一面芝地になっています。


計器用変成器、断路器、ガス遮断器が沢山並んでいて圧巻です。


手前は計器用変成器です。
奥にぐちゃぐちゃとコンデンサと直列リアクトルがあり、
その後ろに敷地中央部のマイクロ波アンテナがあります。
その後ろが新所沢変電所の事務所です。


大型のガス遮断器です。


一段高いところにコンデンサの大群が・・・。

新所沢変電所と中東京変電所3

川柳五七の電線のページ2Wへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ