新野田変電所と新京葉変電所5


長らくお待たせしてしまいましたが、新野田線です。
日本最大出力の超高圧変電所ですが、
超高圧送電線はこの新野田線だけです。
50万ボルトで、勿論4導体2回線です。


新野田線は旧・東東京変電所敷地の南側で引き下げています。


引き下げ鉄塔は階段状になった門型鉄塔で、
相毎に1基使っています。


新野田線引き下げ下です。
電線はパイプに接続されています。
これは管路気中送電線(GIL)で、
ガス絶縁開閉装置のように絶縁ガスで封入された送電線です。
いちいち鉄塔などを建てなくて済むので、
スペースを削減することが出来ます。
ただ、この新野田線、旧・東東京変電所の敷地で引き下げないで、
この南の新設超高圧変電所部分で引き下げれば、
いちいち管路気中送電線を設置する必要がないと思うのですが・・・。


今のところ管路気中送電線を採用しているところがあまり無いので、
見る機会が少ないのですが、
今後はこういった送電線が増えると思います。


管路気中送電線は地中に入ります。
南側の道路の下を横断した後、
新設超高圧変電所敷地で再び顔を出します。


新設超高圧変電所の敷地です。
地面から再び管路気中送電線が顔を出します。


それぞれの方向に分かれながらガス絶縁開閉装置に接続します。


この新設超高圧変電所部分はGIS化されていて、
残念ながら、遮断器や断路器を見ることが出来ません。


一番手前にある小型の変圧器(所内変圧器1号)は東芝製です。
これは超高圧線用の変圧器ではありません。


その後にあるのがファンの沢山ある変圧器です。
その後にはガス絶縁開閉装置がずらっと並んでいますが、
その間に変圧器が挟まれています。
超高圧用の変圧器は4台ですが、いずれも相毎に分かれているタイプです。


省スペースが売りのガス絶縁開閉装置ですが、
かなりのスペースを使っています。
これ、在来方式だと一体どれくらいの敷地が必要になるのでしょうか?


ガス絶縁開閉装置に挟まれた変圧器です。
ガス絶縁開閉装置はすべて東芝製のようです。
東京電力の場合、東芝製のガス絶縁開閉装置が多いようです。

新野田変電所と新京葉変電所6

川柳五七の電線のページ2Sへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ