秩父鉄道大麻生変電所4

〜おまけ・小前田送電線の撤去碍子等々〜
※注・資材置き場にあるものを盗むと窃盗罪になります。
碍子等が欲しい方は電設資材の会社からご購入下さい。
お勧め電設資材検索サイト


大麻生変電所の資材置き場に碍子が大量に置かれています。
写真はバンドと小型、中型のLP碍子です。
秩父鉄道の架線関係でこの碍子を使うのは送電線だけなので、
ほぼ間違いなく小前田送電線のものだと思います。
LP碍子は日本ガイシ製です。比較的1978年製が多いようです。
架線柱の交換の際、古いピン碍子に変えて導入したものだと思います。


こちらも小型、中型のLP碍子です。
取り付け心棒が見られます。


東芝製の碍子状のものです。
これはどこのものか分かりません。


こちらは耐張碍子です。結構あります。
この耐張碍子は高圧配電線用のものだと思います。


中型ピン碍子もあります。


100メガボルトアンペアとか書かれている碍子状のものが沢山あるのですが、
何でしょうか?
少なくとも配電線の機器レベルのものでは無く、
送電線の機器レベルだと思うのですが・・・。
断路器の一部??


ここら辺はピン碍子が多いです。
ピン碍子は1953年松風工業製が多いです。
戦後間もない頃の碍子と言うのはかなり貴重です。
松風工業は今は株式会社松風になっているのですが、
現在は人口歯製造が専門で、碍子は製造していないようです。


吊架線を吊っていたと思われる懸垂碍子です。


ここら辺の碍子はよく分かりません。
大きいのはもしかしたら昔吊架線を吊っていた碍子かもしれません。
中空の小さい方の碍子はうーん??


何連も繋がった懸垂碍子です。
これだけ碍子を繋げると言うと、この変電所の鉄構で使っていたものかもしれません。


かなり長い碍子があります。
断路器のものでしょうか?


まだ綺麗な耐張碍子もあります。
後の腕金はさすがに錆びすぎていて使えそうにありません。


滑車式バランサーが無造作に置かれています。
巻き付いている吊架線は完全に錆びています。


作業台の下に碍子が挟まっています。
架線作業用の台の残骸だと思います。

川柳五七の電線のページ2Rへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ