川崎鶴見地区の送電線5


昭和A線はこの先も続きます。
ここからは昭和電工川崎事業所の敷地になります。


昭和A線の下には廃止された貨物線の線路があります。


この特徴的な鉄塔で分かれる送電線があります。


分かれた方の送電線は3基先で引き下げ、変電設備になります。


昭和A線はもう少し続きます。


JRの川崎火力発電所線(写真手前)の送電線横を通り、変電設備になります。
昭和電工川崎事業所は敷地内に3箇所も変電設備があることになります。


では、また昭電大川線3号鉄塔(写真右)に戻ります。
もう忘れてしまった方にもう一度説明いたしますが、
昭和電工白石変電所に2号線を分岐させている鉄塔です。
写真左の鉄塔は白石線で、引き下げ下は南川崎変電所になっています。


そして、次の昭電大川線2号鉄塔で、塩浜南線の下に入ります。
なんかデジャヴュを感じます・・・。


次はこの鉄塔・・・。なんかこの鉄塔さっき見たような・・・。


で、ここに・・・、
!!って、送電線を追跡していたら、
白石・大川地区を無駄に一周してしまったじゃないですか!!
しかも、塩浜南線は稲荷変電所から先、どこにも電気を供給していません。
塩浜南線と昭電大川線併架の鉄塔の鉄塔名が、
どうして下の昭電大川線になっているのか分かった気がします。
塩浜南線は使っていないからです。
何のためにこんなコースの送電線になっているのか理解出来ません。
まあ、昔は他の工場にも電気を供給していて意味があったと思うのですが・・・。


多分、混乱されている方もいらっしゃると思いますので、
この部分を詳細に書いた図を載せます。
塩浜南線と昭電大川線は繋がっていないのですが、
送電線通りに追跡すると、ぐるっと1周してしまいます。

川崎鶴見地区の送電線6

川柳五七の電線のページ2Rへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ