地味な引込線

ローカルで地味な引込線ネタです。



TAKE1


農家の作業小屋に引き込んでいる低圧線です。
引き留めには紺色の引き留め碍子が使われていて、
木柱との繋ぎは巻きつけグリップを使っています。
その下で3線にバラけて低圧引込ヒューズが取り付けられていますが、
そこの所は特に木柱に固定していないので、
だらっとした感じになっています。


この低圧線を引き込んでいる作業小屋の中には、
水田で使う水を汲み上げるポンプがあるのだと思います。

TAKE2


このビニールハウスに引き込んでいる低圧線はコンクリート柱支持になっていて、
コの字金物と平型碍子と言う、東京電力標準装柱になっています。
低圧引込線支持のコンクリート柱には電気メータも付けられています。

TAKE3


下に引き下げている低圧引込線です。
木柱の傾き防止にある支線は切れて垂れ下がり、
支線の役目を放棄しています。
そんな訳でこの木柱は若干斜めに傾きだしています。


引き下げ下にプラグを差し込むコンセントが収められた箱があります。

TAKE4


民家に引き込んでいる電線です。
手前の細い2線は完全に電話線ですが、
木柱に支持されている電線は有線か何かだと思います。

川柳五七の電線のページ2Rへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ