JR日野変電所2


6号鉄塔で引き下げた後、
すぐ断路器になります。
断路器は東京電力ではあまり使わない、
ヘッドが箱状になっているタイプです。
断路器操作ハンドルがよく見えます。


遮断器はガス遮断器です。
このガス遮断器は前後で形状が異なります。


そして、再び断路器です。


断路器を通った後、母線に接続します。
母線に接続する直前に避雷器があります。


母線が東西方向から南北方向に変わる地点に計器用変圧器があります。


そして、また断路器と遮断器を通り、変電所建物の中に引き込まれます。


建物引き込み部の断路器と遮断器は新しいです。
変電所の建物は古い無骨な建物ですが、
建物下部だけ綺麗に塗装されています。


かつては3回線に分けて引き込んでいたような形跡が建物にあります。


母線終端部の鉄構です。
この変電所の鉄構柱は何れも円錐になっています。

川柳五七の電線のページ2Rへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ