東電配電線柱写真集E6


鳥居型GWも良いのですが、
注目は低圧線の腕金です。
D型腕金のような規格品を使わず、
腕金を組んで低圧線を支持しています。
D型腕金が一般的に出る前に建てられた配電線柱に見られる装柱です。
しかも、この配電線柱は、低圧線支持の腕金の先に、
変圧器への引き下げ線支持用の腕金を取り付けています。


2回線の下の回線の更に下に碍子が1個付いた腕金があるのですが、
これは何なのでしょうか?
高圧線にはコネクターの跡がないので、
分岐高圧線の名残でもなさそうです。


4方向に分かれている配電線柱です。
普通の十字なら簡単な装柱で済むのですが、
ここは方向がそれぞれバラバラなので、
色々な腕金を組み合わせています。


分岐側のジャンパー線支持に注目です。
一番手前の線は、F型腕金に取り付けた腕金の他、
分岐引き留めのD型腕金の上にもジャンパー線支持用のクランプ碍子を取り付けています。


D+D型腕金なのですが、
張力が先端の方に極度に偏っているため、
D型腕金と腕金2本を使い、三角状に組んで強化し、
更に張力と反対方向に支線を張っています。


低圧線の電柱ですが、
電柱の高さが足りなかったのか、
鳥居型腕金を継ぎ足して支持しています。
鳥居型の横腕金に動力線を、
縦腕金の片方に電灯線を支持しています。


次の電柱も同じです。
こちらは引き通しになっています。


ここからは廃高圧引込線シリーズです。
この配電線柱の開閉器はやや小型です。
見た目はそんなに古い配電線柱には見えないのですが・・・。


こちらの配電線柱には耐張碍子が残っているのですが、
引き下げ線しか接続していないので、
下に垂れ下がっています。


引き下げ線とそれを支持するピン碍子しかなく、
耐張碍子があったと思われる腕金は撤去されてありません。


こちらは新設か廃止かよく分からない配電線柱です。
引き下げ線支持の碍子がやや大きいような・・・。

東電配電線柱写真集E7

川柳五七の電線のページ2Mへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ