東電配電線柱写真集E4


高圧線の腕金がなんとなく傾いていてひょうきんな感じがします。


不自然に腕金が長いのですけど・・・。
高圧線の横幅を短く出来なかったのでしょうか?


腕金は長いし、碍子の配列が不自然だし、
パンザマストだし、架空地線を腕金で支持しているし・・・。
パーツパーツは別に珍しくないのですが、
いくつかの装柱が組み合わさると少し変な感じになる場合があります。


上の装柱に似ていますが、
架空地線支持腕金が鉤型になるともっと変になります。
分岐する高圧線への接続線もなんだか無意味に長くてS字状に波打っています。


腕金が長いです。
開閉器付けるためとは言え、何故こんなに長くするのでしょうか?


この中で一番変な装柱。
電柱ファンならすぐ分かると思いますが、
真ん中の撚架している装柱です。
GWキャップにつけている腕金がオーバーです。


東電管内だとこのような碍子配列は不格好な分類になります。
まあ、東電管内ですがね・・・。


少しメタボ気味な装柱です。
低圧線を避けるために変圧器への引き下げ線が無意味に長くなっています。


こちらはメタボ気味な新F型装柱です。
下の低圧線のD型腕金を短くすれば良いのに・・・。


?新型のD型腕金でしょうか?
ブラケットがやたら頑丈な感じなのですけど・・・。


×字交差の装柱です。
見る向きによって表情が変わります。


架空地線も支持出来るD型腕金です。
通常、架空地線の支持は電柱に腕金かGWキャップを被せ、
それに行なう事が多いので、このタイプは珍しいです。

東電配電線柱写真集E5

川柳五七の電線のページ2Mへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ