東電配電線柱写真集E3


頭でっかちな装柱です。
高圧線の位置からすると不自然に電柱の高さが高いです。
手前の電柱は交換前の電柱です。


更に頭でっかちな装柱です。


これも頭でっかちです。
GWキャップを付けているので余計にそれが強調されます。


架空地線をバンドで支持すると思いきや、
槍出腕金を取り付けて支持しています。
曖昧ですね。


上の回線は耐張碍子なのに、
下の回線はクランプ碍子で引き通しています。


なんで上下の回線で腕金の長さを揃えないのでしょうか?
碍子の配列も等間隔になっていません。


送電線と交差するので思い切って高圧線の高さを低くしましょう?


送電線と交差する地点の電柱はなんとなくおかしな装柱が多いようです。


なんとなく寂しげな単相交流のF型装柱です。
高圧線だけしか支持出来ないF型腕金と低圧線支持用のD型腕金を使うのなら、
最初から高圧線、低圧線両方支持できるF型腕金を使えばよいのに・・・。


アークホーン付きクランプ碍子、
動力線の槍出腕金支持、支柱ありと言う装柱は遠めに見ても変な感じがします。


変流器&避雷器付碍子の電柱。
よくありますが、なんか動力線が偏っているせいか面白く見えたので撮影しました。

東電配電線柱写真集E4

川柳五七の電線のページ2Mへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ