東電配電線柱写真集E8


高圧線のみ支持できるF型装柱です。
一番左の線のジャンパー線だけ支持碍子が離れています。


GWキャップが随分ずれています。
架空地線があったとき、
かなりの張力で引っ張られたせいだと思います。


高圧線同士の交差のため、
鉤型GWの腕金がかなり高圧線から離れています。


低圧線は中性線のみの配電線柱です。


かつて架空地線があった名残で、
電柱が高圧線腕金よりかなり上まであります。


GWキャップの位置が高い電柱です。
かつては2回線あったと思われます。


この電柱はかつて下にもう1回線あったと思われます。


碍子配置が等間隔になっていない装柱です。
変圧器への引き下げ線がよれよれです。


低圧線のない配電線柱です。


高圧線の腕金がやたら錆びています。
高圧引き下げ線の開閉器は自動化されています。


碍子型変流器を伸ばした腕金で支持している、
耐張碍子配電線柱です。


鳥居型GWの終端部配電線柱です。
また撮影してしまいました・・・。


高圧分岐腕金を支持しているメッセンジャーワイヤを、
長めの腕金で装柱しているタイプです。

東電配電線柱写真集E9

川柳五七の電線のページ2Mへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ