青梅変電所と豊岡変電所2


今度は水野線から分岐した小谷田線を追跡します。
入間市内の送電線では一番マイナーな送電線です。
ただ、この送電線は休止中のようで、
途中、ジャンパー線が撤去されている鉄塔があります。


途中、狭山線と交差します。
狭山線はドナウ区間になっているため、
小谷田線の方が上です。


小谷田線4号鉄塔です。
一番下だけ耐張碍子になっています。


そして、今度はJR前久保・武蔵境線と交差します。
ここは、小谷田線の方が下です。
後ろにちょこっと見える紅白鉄塔でJRの送電線と狭山線が交差します。


そして、小谷田線は上ノ原変電所に引き込まれます。
・・・が、ジャンパー線は無く、変電所には接続されていません。
そのかわり、地中から2回線の送電線を引き上げて接続しています。
この送電線はこの後出てくる上ノ原線です。
小谷田線は上ノ原線が工事等で使えない時の予備の送電線として存在しているのだと思います。
なお、変電所内は鉄構ではなく、コンクリート柱とビームになっています。


地中から引き上げた上ノ原線は断路器、遮断器を通り、
ビーム上の母線に引き上げられます。


ビーム上の母線には断路器があり、
それぞれの変圧器に振り分けています。


上ノ原変電所の変圧器は全部で3台です。
(1台予備)


上ノ原変電所の高圧開閉装置は変圧器に対して背を向けるようにしてあります。


上ノ原変電所は国道16号線のすぐ横にあります。
小さい変電所でたいしたことなさそうに見えます。
しかしっ!!
入間市民にとっては最重要な変電所なのです!!
この変電所は入間市の広い地域をカバーしているだけでなく、
南側の工業団地や巨大アウトレットパークの電気も供給しているのです。
この変電所にもしものことがあると大変なことに・・・!!
(まあ、他の変電所のバックアップはありますが・・・。)

青梅変電所と豊岡変電所3

川柳五七の電線のページ2へ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ