不思議の森の配電線2


コンクリート柱は、高圧線の下の未使用ピン碍子及びその腕金がありません。
未使用ピン碍子の線が廃止されてから随分時間が経っているようです。




場所によっては、高圧線のひく方向が変わるところがあるのですが、
なんと耐張碍子を使わず、引き通しの中実碍子を使っているところがあります。


途中で山の上のほうへ分岐する線があります。
 この配電線柱を「A」として覚えておいてください。(後ほど関係する話がありますので。)


「A」の配電線柱近くには変電設備があります。四角い変圧器があります。


更にその近くにはさびさびの変圧器が3台並んでいます。



〜孫惣線は死線区間に入ります。〜


前回の不思議の森の配電線1の「A」の配電線から50メートル先は、
しばらく死線区間になります。まさに廃電趣味の領域です。
上の写真の配電線は、閉開器からの電線が切れていて、
いかにも 「廃電です。」と言わんがばかりです。


引き通し碍子は、中実碍子からピン碍子になります。
電線も細いです。


耐張碍子もカバーのない安っぽい構造になります。
下の電話線は生きています。


中には派手に折れ曲がっている木柱が・・・。
完全に折れるのも 時間の問題でしょう。

不思議の森の配電線3

川柳五七の電線のページ2へ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ