不思議の森の配電線4


電線がない区間と電線がある区間が交互に現れます。




林道を配電線柱がまたいでいます。


この配電線柱は電線も腕金もありません。
取れてしまったようです。


ここも林道を配電線柱がまたいでいます。
高圧線の電線、腕金はありません。



〜孫惣線は再び活線区間になります。〜


立ち入り禁止林道を2キロメートルほど歩くと再び活線区間になります。


実は、不思議の森の配電線2の「A」の配電線柱から分岐した線が、
パイプラインとともに短絡してここまで来たものです。
従来の林道沿いのコースより短い距離で結べるので、電線を張り替えた際、
この短絡コースになったものと思われます。
だから、孫惣線の中間は死線区間になっているのです。
 

こんどの活線区間は架空地線があるのですが、
なんと木柱なのにGWキャップです。
絶対おかしいです。


ここもおかしいです。
トランスへの引き下げ線がやたら長いです。


引き通しの中実碍子です。
この配電線柱の前に採石場の事務所があるので、
変圧器と事務所への引込線があります。
また、珍しく街灯がついています。

不思議の森の配電線5

川柳五七の電線のページ2へ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ