西武所沢変電所2


横道にそれてしまいましたが、
いよいよ西武所沢変電所です。
西武の電気資材管理部の前にあります。


変圧器はご多分に漏れず明電舎製です。
今まで西武鉄道の変電所を何箇所か訪問したのですが、
変圧器はどこも明電舎製でした。
しかも何れも比較的新しい変圧器です。
変圧器は全部で3台あり、2台がき電線電車線用、
1台が配電線付帯電力用です。
なお、この変電所には遮断器や断路器などが見あたらないので、
キュービクル式ガス絶縁開閉装置を使っているのだと思われます。
※西武鉄道のサイトではドライ空気式を使っていると書かれていたので、
それの可能性もあります。


西武所沢変電所の横にあるものすごく古い建物・・・、
電車に乗るたびに気になっていたのですが、
なんと、建物の半分程度を西武不動産部用地事務所が現役で使っています。
昔は変電所関連の建物だったと思われます。
建築した年は不明ですが、
おそらく手前の鉄道線が、
「武蔵野鉄道」とか呼ばれていた時代からのものと推測されます。


平屋の建物から直流き電線が10本出ています。
架線を見た限りでは、
西武池袋線下り線小手指方、上り線小手指方、上り線秋津方×2、下り線秋津方×2、
西武新宿線下り線東村山方、上り線東村山方、上り線新所沢方、下り線新所沢方、
の内訳になっているようです。
直流のき電線は西武池袋線の架線柱に接続されています。


手前で接続されているのが西武新宿線用のき電線で、
奥で接続されているのが西武池袋線用のき電線です。
西武池袋線のき電線が接続する架線柱は西武の送電線も併架しているので、
複雑になっています。


・・・で、西武の送電線ですが、
架空送電線式で3回線あります。
架空送電線式の西武の送電線はこの西武所沢変電所と西武小手指変電所の間だけです。
あとは、CVTケーブルやコンクリートトラフ収納などになっています。
(注※東電の送電線併架は拝島線や多摩川線などにあります。)
西武の送電線は何れも2万2千ボルトの電圧になっています。


3回線のうち、2回線は1号本線と2号本線で、
あとの1回線は山口線です。
3回線区間は架空地線が2本あります。


途中から山口線だけが三角配列になり、
1号本線と2号本線の門型鉄塔横の腕金支持になります。


そして、この門型鉄塔で山口線だけ分かれます。


山口線の分かれる門型鉄塔の設置年は1966年・・・、つまり昭和41年です。
しかし、この送電線はそれより以前からあったと思われるので、
昔はコンクリート柱か木柱だったのかと思われます。


1号本線と2号本線は西武小手指変電所に向かいます。
架空地線の1本は山口線の方に分かれたので、
1本に減ります。


小手指駅付近です。
後方でJパワー只見幹線の送電線が交差しています。


耐張碍子と懸垂碍子は殆ど同じもので、
取り付ける方向が異なるだけです。
架空送電線はこの先の西武小手指変電所で終わりますが、
1回線はCVTケーブルになり、
入間市駅前の西武豊岡変電所に繋がっています。
昔は同区間も2回線で架空送電線式だったのですが、
西武藤沢変電所が新設された関係で、
西武小手指変電所〜西武藤沢変電所間が1回線に減らされ、
CVTケーブル化されてしまいました。
架空送電線式時代は、
ラインポスト碍子支持(それより前は大型ピン碍子)でかつ、ハエタタキ型腕金と言う、
送電ファンにとっては涎の出る装柱でした・・・。
なお、西武所沢変電所〜西武小手指変電所間も、
昔はハエタタキ型腕金のコンクリート送電線柱だったのですが、
門型鉄塔に建て替え強化したため、
CVTケーブル化を免れています。

西武所沢変電所3

川柳五七の電線のページ1Wへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ