西武所沢変電所3


山口線は1号本線、2号本線と分かれた次の鉄塔でCVTケーブルになってしまいます。


右側が山口線のCVTケーブルです。
左は西武狭山線の高圧配電線のCVTケーブルです。
山口線はこの先西武山口変電所までCVTケーブルのままです。


西武の送電線、山口線は西武狭山線の終点、西武球場前駅の下山口駅よりにある、
山口変電所に繋がっています。


山口変電所は工事の関係か、
電線に保護カバーが取り付けられています。


一度地中に引き下げた山口線は再び引き上げ、
断路器を通ります。


直流き電線や配電線は地中に入ります。


西武山口変電所の変圧器です。
変圧器は1台だけのようです。
この変圧器の後にシリコン整流器があると思われます。


電線の一部はレオライナーこと西武山口線の線路に向かっています。
これは三相3線の配電線で、
西武山口線専用変電所の中峯変電所に繋がっているのだと思われます。

川柳五七の電線のページ1Wへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ