地中線の配電箱

地中線・・・。
馬鹿の一つ覚えのように電線の地中化を唱える人がいるのですが、
「電線地中化=環境美化」とは言えないと思います。
日本の風景は電線や電柱があってこそ成り立つものです。

地中線ほど送電ファンにとってつまらないものはないのですが、
ここは電線を扱っているサイトなので、
取材せざるを得ません。




先ずは変圧器の入った配電箱「配電塔」です。
PTと言うと計器用変圧器「Potential Transformer」なのかな・・・?と思ってしまうのですが、
配電線なので、これは地上用変圧器「Pad mounted Transformer」の略かと思います。
50kVAと125kVAと言う変圧器の組み合わせは架空配電線では殆ど見られません。
変圧器は熱を発するので、換気口が上下に付いています。


低圧分岐の配電箱「低圧分岐装置」です。
LSとは「Low-voltage distribution switchgears」の略かと思います。
架空線のCVケーブル装柱で使う、
低圧引込接続箱と同じ役目があります。
ここは変圧器は入っていないので、換気口は見られません。


こちらは「高圧(多回路)開閉器」です。
HSとは「High-voltage switch」の略かと思います。
架空線で言う高圧分岐の開閉器が入っています。
しかし、機器は箱の中なので、HSのイニシャルや札でしか判別出来ません。


これは外灯の分電盤です。
窓ガラスからうっすらと電気メータが見えます。

川柳五七の電線のページ1Sへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ