江東変電所と葛南変電所8


変電所の東側にコンデンサと直列リアクトルがあります。
また、その前には高圧開閉装置もあります。
小松川変電所は配電用変電所も兼ねています。


コンデンサ、直列リアクトル・・・日新電機・・・。
東京電力の場合、調相関係は殆ど日新電機製です。
たま〜に東芝製などが見られるだけです。


東側にある変圧器は小型で、
札を見ると、「局配」と書いてあります。
局配とは配電用の変圧器と言う意味です。
主変圧器で下げた電圧を更に配電線の6600Vに下げる変圧器です。


南東の鉄構から4回線の送電線が出ています。
なお、南東の鉄構はこの送電線引き上げ部分以外、
何も電線を支持していません。
GIS化される前はこの鉄構の下に遮断器や断路器、避雷器、
計器用変成器があったのだと思います。


この4回線は長島線と葛西橋線です。
上の2回線が長島線で、
下の2回線が葛西橋線です。
長島線は東京メトロ葛西駅そばにある長島変電所に、
葛西橋線は宇喜田変電所を経由して南砂町変電所に繋がっています。


長島線引き上げ下にある看板は、
ぴかちゃんが描かれた古い看板です。


小松川線と一之江線(写真右側)の横で引き上げている3回線の送電線があります。
船堀橋線と亀松線です。
上の2回線が船堀橋線で、下の1回線が亀松線です。
亀松線はかつては2回線あり、
小松川変電所と亀戸変電所を結んでいたのだと推測されます。
しかし、1回線に減らされた現在は結ばれていないと思います。


船堀橋線、亀松線の引き上げ部分です。
中段にあるケーブルヘッドまでは階段があります。


・・・で、船堀橋線を船堀橋変電所方向に追跡すると、
下におかしな送電線が突然現れます。
1回線ですが、真ん中の線だけ4導体です。
また、鉄塔の形も変わっています。


明らかに電気の流れていない研修・研究用送電線と思うのですが、
何と「松江線」と言う路線名が付いていて、
鉄塔番号もちゃんとふられています。
おまけに札には連絡先の電話番号まで書かれています。
昔あった松江線の鉄塔を研修・研究用に転用したと考えても、
連絡先の電話番号まで新しく貼り変えるのは不可解です。
(松江線の鉄塔があるのは一般の人は立ち入れない小松川変電所構内なので)


この松江線は3基だけで終わってしまいます。
地中に引き下げている様子も何もなく、
電気が流れていないのは確実なのですが・・・。


松江線・・・厳密に言うともう1線あります。
しかも人の背の高さの位置に・・・。
絶対研修・研究用ですっ!間違いないでしょう。


更に船堀橋線を追跡すると、
下の亀松線から1回線の送電線を引き下げています。
東小松川ポンプ線です。
すぐ斜め前にある東小松川ポンプ場に繋がっている地中送電線です。


船堀橋線4号鉄塔から亀松線がいきなり2回線に増えます。
と言っても、1回線は電気が流れていません。
この先荒川を渡る関係で、
電線を撤去しにくいのだと思います。
それにしてもこの船堀橋線の4号鉄塔はかなり古いですね。


船堀橋線は荒川を渡った後、
すぐに船堀橋変電所になり、亀松線とともに終わってしまいます。
かつては亀松線は亀戸変電所に、
船堀橋線はもっと東京都心部まで繋がっていたのだと思います。

川柳五七の電線のページ1Sへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ