東電配電線柱写真集B6


上の回線と下の回線で腕金の位置が微妙にずれています。
この配電線柱は上の回線が腕金2本碍子6個、
下の回線が腕金1本碍子3個で支持しているのですが、
上下回線で腕金数が異なる装柱は結構あります。
(ただし、東京都、神奈川県、茨城県など県が限られています。)


上の回線が槍出で、下の回線が普通の装柱です。
電線の長さを短くするために両方とも槍出装柱にしたいところなのですが、
工場への高圧引込線がある関係で、
下の回線は槍出に出来なかったのだと思います。


前の配電線柱とは逆のパターンです。
関西電力だったら珍しくも無いのですが、
東京電力ではあまり見られません。
変圧器への引き下げ線の張力が腕金に負担をかけたせいか、
下の回線の槍出腕金は下に傾いています。


上の回線がCVTケーブルと高圧架空線を接続するケーブルヘッドを取り付けている関係で、、
下の回線の位置が若干下になっています。


なんだか今までこの特集に出た配電線の特殊性をまとめたような装柱の配電線柱です。
上下回線で装柱が異なり、しかも離れていて、
動力線の腕金は高圧線のものを流用しています。


上の回線が碍子型変流器+スリップオン碍子になっています。
計器に流す電気の電流が大きいのかもしれません。


こちらはまともな碍子型変流器の装柱ですが、
注目点はそこではなく、動力線の腕金の長さです。
支柱があったおかげで変則的な装柱になることが出来ました!?


この電柱も碍子型変流器の電柱です。
碍子の配列がなんとなくアンバランスです。
注目はやはり動力線で、かなり前方に偏っています。


徹底的に簡素化された終端部の配電線柱です。
左右で変圧器の大きさが異なるのがちょっとアンバランスです。


こちらは古い装柱ですが、
単相交流で、電線がひょろひょろしているので、
寂しい感じがします。


微妙にGWキャップと高圧線腕金が離れています。
横方向はF型腕金です。


動力線が2回線になる部分の配電線柱ですが、
下の回線はなんだか前に飛び出していて、槍出になっています。


パンザマストや架空地線の腕金が錆びています。
チラッと見えるのですが、次の配電線柱のGWキャップも錆びています。
この配電線路は短いのですが、
全体的に腕金関係が錆びています。

東電配電線柱写真集B7

川柳五七の電線のページ1Sへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ