東電配電線柱写真集B5


変圧器への引き下げ線が5線あります。
変圧器が三相交流用と単相交流用の2つの場合、
引き下げ線が5線になるのですが、
実際は殆ど見られません。


架空地線を支持せずにジャンパー線を支持している電柱です。
高圧線が撚架しているため、このようになったようです。


出ました!古いタイプのGWキャップです。
古いタイプのGWキャップは細長くなっています。


この配電線柱のGWキャップも古いタイプです。
下の動力線の使っていない低圧ピン碍子にも注目。


弱弱しい耐張碍子と黒ずんだピン碍子の装柱です。
一見、工場の配電線に見えますが、これは東電の配電線柱です。


高圧線が単相交流の場合、碍子の取り付け位置は腕金の両端になるのですが、
この配電線柱は中途な位置に取り付けているので、
無意味に腕金が出っ張っている状態になっています。


こちらは三相交流の配電線柱です。
一番左の相が微妙に内側に寄って取り付けられています。
電線の長さの関係でしょうか?


動力線の腕金が無意味に長いです。
動力線用の腕金が無かったので、
高圧線用の腕金を少し切断して代用したのだと思われます。


動力線2回線の配電線柱ですが、
上の回線の腕金は変圧器への引き下げ線碍子支持用腕金も取り付けています。


一番上にある線は架空地線ではありません。
支線です。
耐張碍子の配列が結構偏っています。


前の写真の次の配電線柱です。
この写真を見れば上の線が支線だと分かります。
一番上の支線は高圧線腕金から出た支線と合流します。


この配電線も一番上の線は架空地線でなく、
支線です。
途中に玉碍子が入っているのですぐに分かります。


D型腕金の配電柱にも支線が取り付けられています。


終端部は支線と高圧線がかなり離れています。

東電配電線柱写真集B6

川柳五七の電線のページ1Sへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ