東電配電線柱写真集B4


十字スペーサ用のメッセンジャーワイヤを架空地線のように支持している配電線柱です。


高圧線の方向が変わる部分の配電線柱です。
D型腕金を使っているのですが、
ジャンパー線を支持するクランプ碍子を贅沢に6個使っています。


終端部の配電線柱です。
終端部は縁回しが出来るので、
普通、変圧器への引き下げ線にスリップオン碍子は使わないのですが、
三相四線の低圧引込接続箱が邪魔して変圧器を下の方に取り付けられない場合は、
スリップオン碍子を使うことがあります。


ここも低圧線が三相四線になっている関係で、
スリップオン碍子を使っています。
それにしても電線がぐちゃぐちゃですね・・・。
架空ケーブルにするより、
普通の架空線式の方が綺麗に配線出来るのではないのでしょうか?
(架空ケーブルは太いのでどうしても目立ってしまいます。)


鳥居型GWを分岐側の向きにしています。


上の配電線柱を分岐側から見た写真です。


動力線が2回線になっている配電線柱です。
中小工場などが密集していて動力機械を使う所が複数ある場合、
動力線を2回線にすることがあります。


ジャンパー線が下回りなので、
ちょっと不思議な感じがする低圧電灯線です。



古いタイプのF型装柱です。
古いタイプのF型装柱は東京都内で希に見られるのですが、
ある場所の法則は特に無いので、偶然見つけたらラッキーと言う装柱です。


これ、東北電力の電柱ではありません。
東京電力の電柱です。
「よくこの装柱を今まで維持出来た」と感心してしまいます。
ただ、低圧線がCVケーブルなのが興ざめですが・・・。


新旧のF型装柱です。
写真では腕金が被っていて分かりにくいのですが、
手前が旧F型で、後が新F型です。


開閉器しか支持していないF型装柱です。
元々は高圧線を碍子で支持していた普通のF型装柱だったと思うのですが、
CVTケーブル化したため、変な装柱になってしまいました。
普通こういう場合、開閉器支持にD型腕金を使うのですが、
取り替えるのも勿体無いので、そのままF型腕金を使用したようです。
高圧線腕金が無いととても変な感じです。


支線と低圧線しか支持していないF型装柱です。
ここは後がビルなので離隔距離を保つために槍出装柱にする箇所なのですが、
前後の電柱の関係で支線も必要だったため、
効率よく支持出来るF型腕金にしたのだと思います。

東電配電線柱写真集B5

川柳五七の電線のページ1Sへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ