新多摩変電所と西東京変電所13




小田急多摩線の黒川駅を降りるとすぐ目に入るのが、
柿生線と西北線です。
写真手前の単導体の送電線が柿生線、
後の4導体の路線が西北線です。
柿生線は4回線の送電線で、
写真では下の2回線から引き下げています。


引き下げた所にある変電所の名前は黒川変電所で、
配電用変電所です。


引き下げ線はすぐに地中に入ります。


黒川変電所はGIS屋内変電所なので、
遮断器等は見られません。


ただ、建物の背後にまわると、
高圧開閉装置と変圧器の防音壁が見られます。


西東京変電所付近では西北線と柿生線が平行して通っています。


柿生線は後回しにして、
先ずは西北線です。
西北線は西東京変電所と北多摩変電所を結んでいます。
「西北」は双方の変電所の頭文字を合わせたものです。


西東京変電所の西北線引き出し部です。
西北線は4導体の送電線ですが、
引き上げ線は2導体になっています。


西北線引き出し部は、
避雷器、断路器、空気遮断器、計器用変成器の順で並んでいます。


ただ、1相だけは避雷器の前にも計器用変成器があります。


西北線と東京西線の間部分です。
計器用変成器と空気遮断器があります。
後の計器用変成器は古いのかヘッド部分が黄ばんでいます。

新多摩変電所と西東京変電所14

川柳五七の電線のページ1Rへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ