特殊な装柱の東電配電線

東京電力の配電線は意外と特殊な装柱が少ないのですが、
たまーに状況に応じて特殊な装柱をするところがあります。




耐張碍子なのに鉤型腕金で架空地線を支持しています。
鉤型腕金で架空地線を支持する場合は、
引き通しが多いので珍しいです。


高圧線の腕金は2本あるのですが、
碍子は一つの腕金にしかついていません。


十字スペーサのメッセンジャーワイヤが架空地線のように接続されています。


これは変り種です。
D型腕金を使わない縦型装柱です。
D型腕金を使わない場合は、
電柱に直接碍子を横向きにしてつけるので、
これはかなり変わっています。
バンドなどが錆びているので、
昔、試験的に導入し、結局採用しなかった装柱と言うことでしょうか?


架空地線がないと余計不思議な装柱になります。


耐張碍子のジャンパー線支持碍子の取り付け方も特殊です。
耐張碍子は総じて中実耐張碍子です。


ここも変わっています。
下に少し写っている、
変圧器への引き下げ線のカットアウトを支持する腕金も変わっています。

川柳五七の電線のページ1Mへ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ