千歳変電所と和田堀変電所4


北側では北多摩線(上の大きい鉄塔)と高井戸線(下の小さい鉄塔)が出ています。
出ているところは変電所から少し離れていて、
中央自動車道の先にあります。


千歳変電所から出入している路線は、
鉄塔から鉄管柱(または鉄管柱から鉄塔)を通して上げ下げしている路線が多いです。


北多摩線は武蔵野変電所に繋がっています。


高井戸線の引き出し部です。


高井戸線は北側を迂回しながら和田堀変電所に向かっています。
つまり、千歳変電所と和田堀変電所を結ぶ送電線は、
和田堀線、北堀線、高井戸線の3路線あると言うことになります。
高井戸線は途中まで北多摩線と併架します。


・・・で、その高井戸線を追跡すると、
三井線と交差する手前で送電線を引き下げています。


引き下げた先に三鷹台変電所があります。
ここも断路器や遮断器などがある、昔ながらの変電所です。
こういう変電所は大事にしなければなりません。


断路器です。写真の回線は遮断されています。


そして、遮断器を通ります。


手前の避雷器を通り、送電線は建物に引き込まれます。


送電線の建物引き込み部はごつい絶縁ブッシングになっています。
良いですねえ。これこそ変電所です。
建物の中には変圧器があります。


変圧器は熱を発するので、
建物の裏に冷却クーラーがあります。


で、ここは配電用変電所なので、
高圧開閉装置ももちろんあります。
ただ、敷地の中程にあるのと、他の機器に囲まれていて、
上手く撮影できません。
写真真ん中よりやや右の電線の出ている装置が高圧開閉装置です。

千歳変電所と和田堀変電所5

川柳五七の電線のページ1へ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ