JR大宮工場を取り巻く電線2


工場の南に行くにつれ、電線が激しくなってきます。


小型のピン碍子の電柱と懸垂碍子の電柱が、
沢山の電線を支持しています。


工場の本部付近で最高潮になります。


レトロ電灯発見!


ここら辺から電線がまとめられ、
少なくなってきます。


開閉器のある部分はD型腕金になっています。


やがてCVT主体になり、だいぶすっきりしましたが、
まだ支持電線が多いです。


木柱に鉤型腕金を取り付け、
1組のCVTだけ支持しています。


この後一旦地中に潜ります。


再び地中から出ます。


そして新幹線高架下へ。
電線には高圧線の回線札が吊り下げられています。


そして、電線は変電設備へ集約されて引き込まれます。


変電設備は金網に囲まれています。

川柳五七の電線のページ1へ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ