地図記号・地形〜基準点

地図記号の中でも基準点は最重要なものに入ります。
地図の位置関係を決めるのには基準点が必要不可欠だからです。
(基準点については地図のページ1をご覧下さい。)
原則すべて表示するものが多いので、入れ忘れに注意する必要があります。



名称 三角点
記号
記号のデザイン 三角点を結んだ三角網。
適用 基本測量で設置された三角点は、
すべて表示しなければなりません。
ただし、標石がなくなってしまったものや、
高架下のものは表示しなくても構いません。

名称 水準点
記号
記号のデザイン 水準点標石を上から見たもの。
適用 基本測量で設置された水準点は、
すべて表示しなければなりません。
ただし、標石がなくなってしまったものや、
高架下、トンネル内は表示しなくても
構いません。

名称 電子基準点
記号
記号のデザイン 三角点の記号より電波が出ているのを
模したもの。
適用 GPS衛星を利用して水平位置を求める、
GPS観測局に表示します。

これはすべて表示しなければなりません。
なお、標高は表示しません。

名称 標石のある標高点
記号
適用 基本測量や公共測量で設置された、
三角点・水準点以外の基準点です。

多角点など基本測量で設置されたものは
すべて表示しなければなりません。
ただし、標石がなくなってしまったものや、
高架下、トンネル内のものは、
表示しなくても構いません。

名称 標石のない標高点
(平成14年以前の図式の地図のみ)
記号
適用 平面位置や標高を
所定の方法で測定した点です。
表示位置は次の所と定められています。
1、主要な山頂。
2、道路が通っている山と山の間の尾根。
3、谷口、谷が出会っている地点、
広い谷底。
4、凹地の底。
5、小さい丘や砂丘の頂。
6、道路の主要分岐点。
7、眺めの良い地点。
8、海に接するよう壁など。
9、その他、
地形をはっきりさせるのに必要な場所。

名称 水面標高・水深
記号
水面標高=黒/水深=
適用 基本測量で作成された
湖沼図より表示します。

水深は最深部や主な湖底、
湖底の主な丘等に表示します。

人造湖の水面標高は表示しません。

地図記号・地形〜陸部地形

川柳五七の地図のページ2へ戻る

川柳五七の地図のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ